テーマ:住まいづくり

「建築家が選ぶ建築家との住まいづくりAtoA」の顔合わせ・説明会

5月31日「建築家が選ぶ建築家との住まいづくりAtoA」の顔合わせ・説明会が行こないました。 いろいろ調整してゆくことがありますが、スタートという感じです、よろしくお願いします。 その後の懇親会では、建築家と家づくりの話の熱い話が続きました。 建築家が選ぶ建築家との住まいづくりAtoAをご覧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選んだ建築家展 7月末決定!

そろそろ銀座での展覧会を準備をはじめています。 「建築家が選んだ建築家」展 今回は第6回目、建築家の設計した食の場を紹介したいと思います。 寝室がなければ家ではありません。食の場がなければ住まいとはいえません。 住まいの基本は食! さてどんな住宅が出てくるでしょう、お楽しみに。 来馬輝順(匠屋)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AtoAはバランスの良い住まいづくりを目指して始動します!

AtoAでは、建築家の紹介や建築家展などのイベントを運営などの活動をしていますが、 その運営のサポートをさせて頂いている荒井です。 普段は、住宅検査や住宅購入時のコンサルティングなどを行っているのですが、 ご縁があってこのAtoAの運営をサポートすることになりました。 まずは、AtoAのホームページを作成・運営しておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選ぶ建築家と住まいづくりAtoA

AtoA・produce(来馬輝順、山本覚、上野タケシ)で住まいづくりに建築家を紹介するサイトをはじめました。建築家が選ぶ建築家と住まいづくりAtoAぜひご覧ください。これかもいろいろやってゆきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちっちゃな家-さらに小さくみせる- 上野タケシ

昨年、滋賀県琵琶湖の西側、本堅田市で偶然見つけた建物である。 もともと住宅だった建物を、現在は仕事場に使っているような感じです。 建物に絵柄を書いてしまうと、とたんにちゃちくなる例が多い。 しかしこれ、なんだかとってもかわいい感じだ。 上部の部分に書かれた、少し漫画ぼい絵だが、陰の表現なのか、柄なのかわからないが、面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さい家の良さ

AtoA 山本です。 小さい家の良さってなんでしょう。 どこにいても家族の息づきを感じられること。 このことがどれだけしあわせなことでしょうか。 今、家族は各々が個室に籠ってコミュニケーションが無くなりつつあります。 でも小さない家には籠る個室がありません。 だから、家族がひとつになれるのではないでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちっちゃな家・・・来馬輝順

1990年代中頃から狭小住宅という言葉が一般的に使われるようになったと思います。 1995年頃、どこかの雑誌?かなにかで狭い敷地の住宅に狭小住宅と使われていて、何だろうと調べてホームページに「狭小住宅」とのっけた記憶があるからです。 でも好きになれない言葉です! 最近は、狭小住宅といったら悪条件を克服した家として少しポジテ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ちっちゃな家-2帖の部屋- 上野タケシ

店舗付き長屋の改築で、約2帖の畳の部屋を作ったことがある。 東京都中央区の長屋ということで、道路に面する所しか光が入ってこない。しかも道路には、店舗部分が面していてなかなか奥には光が入ってこない。 そこで、この部屋には2箇所の開口部を設け、店舗部分をかいしてわずかだが光が入ってくるようにした。その開口部はガラスと補強でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己紹介・来馬輝順・AtoA・project

こんにちは、来馬輝順です。 いつも同じ紹介になりますが、クルバテルノブと読みます。 福井出身です。同じ苗字を見つけたら、僕の親戚かも・・・ さて、建築が選んだ建築展もタチカワブラインドさんの協力を得て3回目です。 うれしいですね! さて、住まいづくりのお手伝いをしていると、大きな責任を感じるとともに、これだけのお金を出して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「空にむかって」・・・屋上菜園/辰野智子+武山 肇

この写真、実は、私たちの自宅の屋上です。(郊外の農園で撮ったわけではありません。) 夏の間、3ヶ月間ぐらいは、ナス、キュウリ、トマト、枝豆などは自給自足できます。 完全無農薬。取り立て新鮮野菜。食品偽装の心配も全くありません。 地産地省ならぬ、自産自省です。 考えてみれば、屋上菜園は太陽熱の古典的な利用方法。 もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「空にむかって」の設営準備--来馬輝順

10月1日(水)18時~タチカワブラインドショールームにて展示会の設営を行いました。 7時半頃には設営無事完了 終わったあとゆっくり眺めるメンバー 建築家が選んだ建築家展・第2回「空にむかって」展です。 10月2日ー11日に開催されます。 菅家幹、辰野智子・武山肇、 久野啓太郎、村田栄理哉 の4組の建築家と タチカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空にむかって-屋上庭園のプール- 上野タケシ

事務所があるコープオリンピアは原宿表参道に43年前に建てられた。 マンションという呼び名がまだない時代である。 元脳外科医だった東京コーポの社長の故・宮田慶三郎氏が「アメリカへ視察のアトランタで滞在した宿泊先がアパートとホテルのサービス、都市の利便性をも併せ持つ快適な居住空間だったことに感銘をうけたことがきっかけで、日本にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空にむかって・・・菅家 幹

はじめまして。第2回に参加させて頂く菅家です。 今回は「空にむかって」がテーマですね。 テーマといっては何ですが、私の愛車は上が開きます。 運転中に空が見えます。 トップを開け放して一面の星空の下で走ったり、 真冬の雪国で雲一つ無い青空の下、一面の雪景色を見ながら走るのが 最高のストレス解消になります。 第2回で展…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

空にむかって-階段室と屋根- 上野タケシ

住宅を設計していると、空を見上げる中庭は外壁面積や床面積が増えるので計画からなくなり、空を見上げるトップライトは、だいたい減額をしていてなくなる。 空を意識して計画することがなかなか難しい。 ふと思い出した計画がある、それが階段室である。建築基準法上、建築面積の1/8以下の面積、塔屋状の階段室は3階でも階数に入らず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空にむかって・・・村田栄理哉

こんにちは。 第2回 に登場予定の 村田栄理哉です。 茨城県つくば市を拠点に設計活動をしています。 第1回 「気持ちいい窓」の展示は先日見にいきましたが、 建築家らしい自由な発想の窓があって、なるほど、 と感心させられるいい展示でした。 で、今回の展示テーマは 「空にむかって」 うーむ。今度はなんだか抽象的でむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空にむかって・・・もう一つの部屋/辰野智子+武山 肇

都心に近い場所で住宅の設計をさせて頂くと、庭など望むべくもなく、限られた敷地を最大限使って「きもちいい窓」で外と繋がりつつ閉じる、ということが多くなります。でももう一つ、使える屋上を作るともう一つの部屋ができあがります。野菜や花を育てて楽しかったり、それを料理して食べて美味しかったり、開放的な気分も味わえます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空にむかって・・・来馬輝順

窓からみえるもの・・・・ 空か街ぐらいです。 木々だって空がなければただの人工世界 空がみえるから、空がみたいから窓を開けるのでしょうね。 育った空の色によって人の性格変わる・・・という話もありますからね・・・ えっ、僕は曇天の北陸に育ったけど、哲学的ではなくラテン系といわれます?? 関係ないかもしれませんね・・・ で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己紹介・来馬輝順・AtoA・project

こんにちは、来馬輝順です。「くるばてるのぶ」と読みます。 中目黒で「建築工房 匠屋」を主宰しています。匠屋のホームページ「的家学」もよろしく。 今回、上野さん、山本さんと、AtoA・projectを立ち上げ 「建築家が選ぶ建築家展」をタチカワ銀座ショールームで連続企画をします。 楽しみです。 住まいづくりの建築家といっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more