テーマ:AtoA・project

展示会の当番

来週7日(水)より建築家展が始まります。 期間中には出展建築家もしくはatoaメンバーがいます。 当番は以下になりますのでお気に入りの建築家に会いたい人はこのスケジュール表を参考にしてください。 お待ちしております!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活のデザイン―スノコベンチ付浴室

人の行動は様々、年代や時流によっても変わる。バリアフリーという言葉が広まり、いろいろなデザインが出てきましたが、あるようでないものも多い。 写真はtotoの浴槽カタログでデザインしたもの。実際にある家じゃなくて、スタジオで作った浴室空間の一つ、ベンチ付の浴槽だ。浴槽をまたぐのがだんだんと辛くなる歳のため、浴槽高さと同じところにスノコの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活のデザイン・・・二世帯を結ぶ縁

今回の展覧会のテーマが「生活のデザイン」ということで 二世帯住宅を結ぶ「縁」 二世帯が中庭などでつながるのも一つの解決策ですが ここでは、二世帯横につながる縁側で二世帯の「縁」を・・・ 直接室内がお互いに見えないので、お互いの干渉がない中で 縁側にいるとき、帰宅したときに、縁側を通じ お互いの様子が自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活のデザイン

設計において生活を重視するデザイン。 これはお子様の書いた絵などを貼るコルクボード。 小屋裏子供部屋落下防止の手摺は縦ルーバー。 デザインはいつも生活に直結しています。 AtoAproject山本覚
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先日、AtoAメンバーと展覧会メンバーの懇親会をしました。 新宿の落ち着いたお店。 建築にまつわるいろいろな話や、展覧会の準備の話、 家づくりなどの情報交換。 有意義な時間でした。 皆、家づくりに真剣に向き合い、丁寧に作っているようです。 いい展覧会になると思います。 来馬 輝順(建築工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」

生活を、商品化した箱に 託すこともできますが、 生活と向かい合い、設計者と話し合い 丁寧に形にした住宅には、 すがすがしい空気を感じます。 楽しい息吹を感じます。 住まいづくりの建築家4人が提案し実現した 住み手の生活の形、生活のデザインを 実感してみてください。 同時に8回までの建築家32人の ダイジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AtoA山本覚です

AtoAプロジェクト 山本覚(やまもとかく)です。 今回ではや9回目の展示会です。 そして自分の年齢も49になりました。 始めたときは10年近く前なので年が過ぎるのははやいものですねぇ… 今回も頼もしい4人の建築家が参加してくださいました。 楽しい展示会にしたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AtoAの来馬(クルバ)です。

AtoAの来馬(クルバ)です。 今年も「建築家が選んだ建築家」展、開催できました。 4人とも、丁寧に住宅と取り組んでいる建築家です。 これまで8回分のパネル(縮小版)32枚も合わせて展示しています。 住まいのアイデアを見つけに来るのもいいですね。 私は、中目黒で主に住宅を設計監理している住宅建築家です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選んだ建築家展9 「生活のデザイン」

2016年 建築家が選んだ建築家展9 「生活のデザイン」 が始まります。 会期 2016 年 12月07日--12月18日 会場は今までと同じギャラリー 立川ブラインド銀座スペースオッテ 今回の出展者は 池野健 上野康子 小野澤裕子 徳田英和 4名の住宅の建築家です。 今回もAtoAのメンバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の見える窓

金山公園の家、隣の公園の桜が見える2階食堂の丸窓 あえて大きな窓にしませんでした。 2階居間には、公園の見える大きく開いたバルコニーもあります。 公園が借景・・・ 来馬 輝順(建築工房匠屋)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活を見直すきっかけ??骨折

もうすぐ展覧会なのに、こんな写真すみません。 先週、足を骨折したのです。 で、松葉づえの生活をしていると、その生活の困難さのいくつかが実感でlきるのですね。 高齢者の方の設計はかなりしておりますが、改めて実感することが多々ありました。 それと、僕の生活がいかに煩雑であるか(笑)ということに気づきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住む=スペシャルな階段室

こんにちは、AtoAの上野タケシです。 住宅は面白い、時に狭い隙間のようなスペースに様々な空間が生まれる。 写真は三角平面の住宅の階段室、屋根に上がる部分。三角なので人が通る以外にスペースができて、そこに机があり、手摺壁が書棚になる。ある意味、この家で一番立派な書斎になってしまった。 上野タケシ/AtoA・pr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャルな壁とテーブル

こんにちは、AtoA山本覚です。 『住む=スペシャルな家』展示会もあと2週間と迫ってきました。 今回は私が手掛けた『スペシャルな壁とテーブル』を紹介します。 小学生と幼児のいるお宅で、出窓の大半をコルク板で覆い、掲示板のような壁にしました。 お子さんの書いた絵や学校からのお知らせなどを貼ってもらう壁です。 その手前には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AtoA・projectの上野タケシです。

AtoA・projectの上野タケシです。 建築家の選んだ建築家展も今回で8回目です。 やっとDMのはがきのデザインが決まり、その他の作業に入っています。 仕事以外では最近というか、ここ数年は各種のマニアさんとの出会いから、自分も十分マニアだと気がついて夜散歩で東京と周辺を歩きまくっています。→夜散歩のススメ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選んだ建築家展8「住む=スペシャルな家」

建築家が選んだ建築家展の第8回目は、「住む=スペシャルな家」です。 住む=スペシャルな家とは、建築家が奇抜な変わった住まいを設計するのではなく、どういった住まい方を提案しているか、住み手にとってのスベシャルは何かということです。いろいろな解決案で、「住む」ことを見せられる展覧会にしたいと思います。そうした視点から住まいづくりの建築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の展覧会は日影良孝の担当日でした。

「循環の家」を展示している・建築家が選んだ建築展7「風景のある建築」。昨日は二日目で僕の担当日でした。日本画家の友人、彫刻家の友人、おつきあいのある工務店の二人、元建築雑誌の編集長、以前設計させていただいた建主・・・・などなど、この展覧会に来ていただきました。模型の台の組手什を高くし、小さな模型も追加しました。明日は夕方からパーティーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事、展覧会設営できました!日影良孝です(笑)

風景のある住宅のための循環の家のパネルと模型と図面の設営が昨日無事完了しました。ほっと一息です。ただ模型の台がやや低すぎた感じです。今朝さっそく自宅で組手什(くでじゅう)を追加で造りました。明日は僕の担当日です。組手什を持参いたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時とともに生きる建築

今回の、風景のある住宅・・・・ 僕たちは、家を造る仕事をしていますが、建った後の時間にはそれほど関心を寄せていませんね。 大切なのは建った後。 その地に、住宅や人の行き来とともに生まれる生活の形がその地の風景となって行くのでしょう。 そのような場となる住宅(風景のある住宅)を建てられたとしたら、建築家としては幸せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主張しない家

建築主に言われた要望は『目立たない家』 「近所の人たちは建て替えたくても出来ない人がいるんだから。」 う~~ん 建築家のはしくれなのでやはり目立つ家を建てたい でも建築主の要望は… そして出来きた家がこれです。(西側外観です) とにかく大きく見えないように(本当は大屋根にしたかったんだけどなぁ…) 南側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築で、風景をつくることは可能か。

建築で、風景をつくることは可能か。そんなことを考えてみる。 写真は神田に残る創業明治38年で100余年続く老舗「みますや」。建物の銅板看板建築も雰囲気があっていいが、何よりも背後のビルが気になる。地図で確認すると3連長屋にみえる左の所の部分はそのまま後ろのビルに入口になっていておそらく所有者はみますやさん。 植栽が置かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日影良孝建築アトリエの日影です。循環の家について

建築家が選んだ建築展7「風景のある住宅」に出展させていただく日影です(笑)。 展示する「循環の家」は、180度パノラマの美しい風景の中に計画されました。 この美しい風景をいかに家に調和させるかが、大きなテーマでした。 写真は八ヶ岳です。八ヶ岳をこの設計で初めて知りました。 この山並みを初めて見て、ああ自然の美しさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめまして!日影良孝建築アトリエの日影です。

はじめまして(笑) 建築家が選んだ建築展7「風景のある住宅」展に 出展させていただくことになりました、 日影良孝です。 木造住宅を中心に26年間、設計をしてきました。 今回の出展は、2010年に長野県の原村に 完成した「循環の家」です。 どのような展示内容にするか考え中です。 みなさん、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都会の夜風景「孤高の後姿」

風景について考えてみる。 写真は後姿だか、建築家ならばみんなプロポーションでわかる「塔の家」。1966年に渋谷区神宮前のキラー通りに建てられた建築家東孝光の自宅「塔の家」。敷地が6坪弱(20㎡)という超有名な狭小住宅。 竣工当初の風景はこんな感じだった第7回 日本建築家協会25年賞 (2007年度) 「塔の家」。 確か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AtoA のメンバー 上野です。

こんにちは、AtoAのメンバーの上野タケシと申します。 2年ぶりの「建築家が選んだ建築家展」です。昨年はいつも使わしてもらっている所の予約がとれず、またメンバーそれぞれ忙しくという感じでした。忙しくともやらないといけないと思いつつ、今回もがんばりたいとおもいます。 さて自己紹介というか近況報告ですが、最近スリバチ学会の皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選んだ建築家展7 「風景のある住宅」

建築家が選んだ建築家展の第7回目は、「風景のある住宅」です。 住宅は環境と共にあります。 環境と言っても様々です。 地球環境やエネルギー問題といった大きな環境。 日本の風土や気候、都市環境といった中くらいの環境。 そして、隣家の人々、周りの木々や川、地域のつながり、 家やものの地域での成り立ち方、地域の天気の模様・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家が選んだ建築展7 久しぶりの開催です!

今回は・・・・ ■建築家が選んだ建築家展7「風景のある住宅」 11月20日(水)~12月1日(日) 住宅は環境と共にあります。 環境と言っても様々です。 地球環境やエネルギー問題といった大きな環境。 日本の風土や気候、都市環境といった中くらいの環境。 そして、隣家の人々、周りの木々や川、地域のつながり、 家やもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more